肌のくすみを飲み薬で改善

20歳後半あたりから、一気に肌の質が落ちたなあと感じました。
それまでは日焼けをしても肌がくすむことはありませんでしたし、シミもホクロも増えたことはありませんでした。

 

20歳後半ぐらいにホクロ、シミができるようになってしまいました。
私の場合1番ひどいのは肌のくすみです。目の下あたりが特に目立ちます。
ひどいと言ってもまだコンシーラーやファンデーションで隠せるレベルなのですが、それでもすっぴんになって鏡を見たときには気にしてしまいますし落ち込みます。

 

歳をとるにつれ仕方の無いことだとは思いますが、今までの肌の手入れではダメなのかなと思い日焼け止め対策やお風呂上がりの保湿、メイク落としにもとても気を使うようになりました。
ただ一度出来てしまったシミやくすみは治すことができません。
治療などもお金や時間もないのでなかなか出来ないのが現状です。

 

そしてもう一つ肌トラブルで気にしているのが大人になってから出来るニキビです。
思春期の頃よりも治りが遅く食事によってはすぐに出来てしまう気がします。
潰してしまうと肌に傷がついてしまったり赤みや毛穴の大きい穴が出来てしまうなど治らなくなってしまいます。

 

歳をとるにつれ肌のトラブルについては悩みが増えるばかりです。

 

 

血行不良によるお肌のくすみ

血の巡りが悪く、血行不良の状態を続けてしまうと、あなたの肌にも影響があらわれてきます。お肌以外にも身体の方にも出てきますので、それほど血液は体にとって大切なんです!

 

血流の流れが悪くなる原因は、食生活の乱れや、仕事の疲れ・ストレス・運動不足・睡眠不足・冷え症などの普段の生活の中にあり、血行不良になるとお肌の細胞や組織に必要な栄養が十分に届かなっていきます。
血液の他にもリンパの流れも悪くなり、老廃物の排出がいつもどおりの状態ではなくなってしまいます。
血液とリンパの流れが悪くなっていくと、身体の変化とともに顔のむくみ、肌トラブル、ターンオーバーが乱れます。

 

お肌に必要な栄養が届かない状態になる血行不良が続くと、お肌の赤みが減り、顔全体的に暗い感じで見えるように!
仕事の疲れやストレス、寝不足、冷え性など、普段の生活の中で思い当たる部分が多い方は、血流改善のために生活環境の改善や運動、半身浴など取り入れてはどうでしょう!

 

普段の生活や食事を見直すのって意外と難しいです。うまく出来ないことにストレスを感じ悪循環になる方もいます。
ストレスをうまく発散できる人はいいですが、出来ない人もいます。
そんな方におすすめなのが、医薬品で血行不良を改善する方法です。飲み薬を飲まずに改善できるのが1番いいですが、難しい場合は手助けできる物を使い改善するのがおすすめです。

 


シミや顔のくすみがひどく年齢より老けて見られちゃう

シミや顔のくすみで、見た目年齢が上がり老けて見られてしまっていませんか?

 

顔のくすみがひどくなると、顔色が悪くなってまわりから心配されたりします。
見た目年齢もあがり、健康に不安があるように見られてしまいます。そんなことになったらショックすぎます!

 

くすみの他にもシミなんてあれば、見た目の年齢はかなり上がってしまいますよね。残念です。
シミができたことだけでもショックなのに、見えるシミ以外にも次のシミ予備軍も同時にたくさんできちゃいます。

 

まだまだ諦めないでください!いまからでも遅くありません!
あなたの肌を元気にしてシミやくすみを改善させましょう!
化粧品や塗り薬など肌に直接つけるだけでなく、飲み薬で身体の内側から肌ケアするのがおすすめです!

 

ファンデーションやコンシーラーなど化粧品で隠せるならまだいいけど、いつまでも隠していられないので、身体の中からもシミ対策できれいなお肌になるよう飲み薬がおすすめです。